So-net無料ブログ作成

酒井法子のバカ夫が、中国ニューリッチの罠にハマる!?

 覚醒剤使用の罪で謹慎生活を送っている酒井法子だが、子供との安穏な時間を取り戻すために、薬物との縁を切り、通信教育で大学の勉学に励んでいる。そんな酒井法子だが、この夏あたりに復帰するというプランが持ち上がっている。酒井自身、個人名義の事務所も残しており、旧事務所も協力すると断言しており、復帰そのものには支障がない。 だが、その復帰場所が国内でないというのだ。上海や香港、台湾でチャリティイベントやコンサートがプランニングされているという。 その復帰作戦の黒幕が凄い。今や、世界一の経済成長を誇る中国のニューリッチ層が、酒井法子の全面バックアップにつくと噂されているのだ。現在、中国経済の主力を占める30〜40代の起業家たちは、学生時代に中国全土で巻き起こった“酒井法子ブーム”に浸った世代であり、酒井法子というアイドルに幻想を抱き、成功への機動力にしてきた。彼らの間で「自分たちの青春の象徴である“のりピー”を助けよう」という気運が広がっているのだ。 逆に、青春の象徴であった酒井法子を奈落に突き落としたバカ夫・高相祐一に対する中国ニューリッチたちの怒りは激しい。彼らが酒井に突きつけた復帰条件は、「夫・高相祐一との離婚」であった。だが、子供の将来を考えると、彼女は離婚に踏み切れない状況だ。そこで、中国人のニューリッチ層は、酒井法子が高相祐一に愛想を尽かすように、薬物を押し付けようとしているという情報がある。 今週発売の『FLASH』にて、高相祐一が薬物を購入したと思われる現場写真が掲載されたが、この衝撃的な写真は、中国の富裕層が仕掛けたという説がある。クラブに出入りはしているものの、薬物だけは避けていた高相に、中国系の売人が誘いをかけたという情報が噂されているのだ。今回の記事で、夫・高相に愛想を尽かした酒井法子が離婚に進み、中国での復帰となるのだろうか。【他にはこんな記事も!!】旭化成、日中キャンペーンモデル水着発表会本当に成功しているの? カワイイと評判らしい宮崎あおいのCMやっぱり妊娠していた伊東美咲

ストラーダポケットは機能強化でフルナビと遜色ない性能に

写真拡大ストラーダポケットは機能強化でフルナビと遜色ない性能に 写真一覧(13件) 16日に発表されたパナソニックの新型PND『ストラーダポケット』。8GB大容量メモリ(マイクロSDHCカード)の採用に加えて個人宅電話番号データベースや市街地図の拡充などナビ機能を大幅に強化し、フルナビと遜色ない性能が自慢だ。PNDというと、これまでは“初心者向けの簡易カーナビ”と思われる向きもあったが、パナソニックが実施した「MP250/180」シリーズ購入者へのアンケートによると、ナビ経験者が半分を占めていたという。この数字は今後さらに増えると予想されており、近いうちにPNDユーザーも本格的なナビ機能を志向するようになることは想像に難くない。国内マーケティングチームの加藤和彦氏は新型ストラーダポケットMP700/500シリーズの狙いを端的に「経験者に向けて強烈なメッセージを投げかけるのが今年の差別化」と語る。「アンケートを取るとやはりストラーダというブランドに対する高機能・高性能への期待がたいへん高いことを実感しました。たとえば、従来モデルのMP250シリーズなどではFM-VICSを内蔵させましたが、たいへん好評でした。交通情報はナビ経験者ほど重要視する傾向がありますから」「そこで、新モデルでは、操作性・視認性・ナビ本来の性能をさらにブラッシュアップさせ、機能の満載感・高性能をさらにユーザーに訴求します。また、デザインについてもフルフラットパネルとして、品質感を向上させています。言ってみれば“フルナビ級のポータブルナビ”を目指しました」と語った。PNDはもはや“簡易ナビ”ではない。加速度センサーやジャイロとの組み合わせによって精度も飛躍的に向上し、高性能CPUやアルゴリズムの改良により探索機能もアップしている。積極的に選ぶ意味をもつ商品力を獲得した、と言えるだろう。今後のPND進化の焦点は、通信機能との連携や、VGAパネルの採用、フルセグ対応、そしてBluetoothなどによるオーディオ機能との連携といったところだろうか。PNDの高機能化は止まるところを知らない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。